2018年3月11日日曜日

pythonでキャリッジリターン(CR)を使う。

徐々にPython3へ移行しようと思っています。
なので、文頭は#!/usr/bin/env python3と明記しています。

キャリッジリターン(CR)をPythonで使ってみます。
標準出力が改行せず表示されるので、進行状況がわかりやすく表示できるようになります。

#!/usr/bin/env python3
# -*- coding: utf-8 -*-

import sys
import time
# コンソールのテスト

def main():
    pass
    for i in range(1000):
        sys.stdout.write( "\r+%3d" % i )
        sys.stdout.flush()
        time.sleep(0.1)

    print("\n")

if __name__ == '__main__':
    main()

0 件のコメント:

コメントを投稿

久しぶりに読書「1440分の使い方」

今回初めて、 Amazonプライム に登録して、午後から読書と映画鑑賞。  「1440分の使い方」 が読みたくて、電子書籍を324円で買うか、読み放題で読むか、迷いながら選択しました。 【感想】 僕が知りたかったヒントが少し書いてある気がします。 書いてある言葉は簡単で...