2017年9月20日水曜日

Raspberry Pi3で、コンソールからpygameを使用して画面表示に挑戦(その2)

Raspberry Pi3で、コンソールからpygameを使用して画面表示に挑戦(その1) の続きです。

まだ完成していませんが、ほぼいい感じにまとまり始めています。

色々試して行く中で、pygameは日本語フォントが使えず、そのままでは文字化けして表示できませんでした。 なので、こちらの記事を参考に試して見たいと思います。

試用してみるフォントとルールはこちらを参照

個人使用になるはずなので、ひとまず熟読する。
WindowsのMSゴシック、MS明朝などはコピーするとライセンス違反になりますので、技術的に難しくないですが使用しません。

コードはこんな感じ。
# 初期設定
pygame.init()
lcd = pygame.display.set_mode(dSize)
# フォントを設定する。
textfont = pygame.font.Font("ooooo.ttf",40) # 同じフォルダに入れておく。
textbuff = textfont.render("ここにテキストを入れる",False,colorFont,colorBG)
# 画面に画像を描画する
lcd.fill(colorBG)
lcd.blit(textbuff,(0,0))
pygame.display.update()

0 件のコメント:

コメントを投稿

久しぶりに読書「1440分の使い方」

今回初めて、 Amazonプライム に登録して、午後から読書と映画鑑賞。  「1440分の使い方」 が読みたくて、電子書籍を324円で買うか、読み放題で読むか、迷いながら選択しました。 【感想】 僕が知りたかったヒントが少し書いてある気がします。 書いてある言葉は簡単で...