2018年8月18日土曜日

Googleプライバシーポリシーを読み込んでみる【記事は途中】

以前から気にはしていましたが、ずっとスルーしていた「Googleプライバシーポリシー」を読んでみました。

2018/9/4
2回読んでみましたが、とにかくあらゆる情報を収集するそうです。

Googleスプレッドシートで Google Apps Script を使って Amazon API から価格を取得してみた。

Google スプレッドシートで、Google Apps Script から Amazon API を使用して、価格を読み込みに挑戦しました。
以前から出来ることは知っていましたが、やり方が全くわかりませんでした。
今日はまとまった時間が取れたので、下のページを参考に試行錯誤でやってました。

【参考】Amazon Product Advertising API を Google Apps Scriptで使う

若干の変更を加える必要がありましたが、価格の読み込みに成功しました。
ISBNから取得を紹介するページは多くありましたが、ASINで検索する方法の紹介が見当たらなかったので少し苦労しましたが難しい部分はありませんでした。
もう少し作り込んで近日中にコードを下に貼り付けていきたいと思います。

最近は時間が無いのでスキマ時間にPCで遊ぶくらいしかできない。。。

次のスキマ時間はいつだ!?

2018/8/18
APIを読み込んで価格の取得方法はわかりました。
取得した価格をスプレッドシートへ入力する方法もわかりました。
前回の価格と今回の価格を比較して、安ければメールを送る方法もわかりました。
トリガーから、時間主導型のイベントを設定して動作させる方法がわかりました。

さて、ここからが問題。。。この前の Prime Day で欲しかったものをまとめて買ったので価格チェックをしたい商品が思い浮かばない。


function onOpen() {
  var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
  var entries = [
    {
      name : "AmazonAPIを実行",
      functionName : "amazonFunction"
    }
  ];
  sheet.addMenu("スクリプト実行", entries);
  //メインメニュー部分に[スクリプト実行]メニューを作成して、
  //下位項目のメニューを設定している
};


function callAmazonAPI(asin) {
  // Amazon API を読み込んで、価格を抽出する。
  
  var associate_tag_id = "アソシエイトのタグID";
  var access_key_id    = "アクセスキー";
  var secret_key       = "シークレットキー";
  var endpoint = "webservices.amazon.co.jp";
  var uri = "/onca/xml";
  
  var params = {
    Service: "AWSECommerceService",
    Version: "2013-08-01",
    Operation: "ItemSearch",
    AWSAccessKeyId: access_key_id,
    AssociateTag: associate_tag_id,
    SearchIndex: "All",
    Timestamp: new Date().toISOString(),
    Keywords: "asin= " + asin,
    //ResponseGroup: "ItemAttributes,Offers"
    ResponseGroup: "Offers"
  };

  // ソートが必要
  var sort_params = Object.keys(params).sort();
  sort_params = sort_params.map(function(key) {
    return key + "=" + encodeURIComponent(params[key]);
  });

  var canonical_query_string = sort_params.join("&");
  var string_to_sign = "GET\n" + endpoint + "\n" + uri + "\n" + canonical_query_string;

  // 署名が必要
  var signature = Utilities.base64Encode(Utilities.computeHmacSha256Signature(string_to_sign, secret_key));

  // リクエストのURL
  var request_url = 'http://' + endpoint + uri + '?' + canonical_query_string + '&Signature=' + encodeURIComponent(signature);

  // レスポンス取得
 // 503エラーでもレスポンスを受け取れるようにmuteHttpExceptionsをtrueにする
  var response = UrlFetchApp.fetch(request_url, {muteHttpExceptions: true});
  var responseCode = response.getResponseCode();
  var responseBody = response.getContentText();
  var document = XmlService.parse(responseBody);
  var prise = '';
  var name = XmlService.getNamespace('http://webservices.amazon.com/AWSECommerceService/2013-08-01');
  var root = document.getRootElement();
  
  if (responseCode === 200) {
    var items = root.getChild('Items', name).getChildren('Item', name);
    for(var i = 0; i < items.length; i++) {
      // xmlからitemの情報を取得 
      prise = items[i].getChild('OfferSummary', name).getChild('LowestNewPrice', name).getChild('Amount', name).getText();
      return prise
    }
  } else {
    // エラー時はxmlのnamespaceが異なる
    ns = XmlService.getNamespace('http://ecs.amazonaws.com/doc/2013-08-01/');
    var message = root.getChild('Error', name).getChild('Message', name);
    return message.getText();
  }

}

function amazonFunction () {
  // Amazon API から取得した価格をスプレッドシートへ入力し、値段が安ければメールを送信する。

  var book = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
  var sheetData = book.getSheetByName("シート1");

  var rowASIN  = 1;
  var colPrise = 2;

  var colStartData = 2
  var colEndData = sheetData.getDataRange().getLastColumn()
  var rowEndData = sheetData.getDataRange().getLastRow()

  sheetData.getRange( rowEndData+1, 1 ).setValue(new Date().toLocaleString())
  
  for (var i = colStartData; i <= colEndData; i += 1) {
    
      var asin  = sheetData.getRange( rowASIN, i ).getValue();
      var price = callAmazonAPI( asin )
      sheetData.getRange( rowEndData+1, i ).setValue(price);
  }
  
  checkPrice() //価格を比較して安ければメールを送信
}

function checkPrice(){
  // 商品の価格を前後比較する。
  var book = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
  var sheetData = book.getSheetByName("シート1");

  var colStartData = 2
  var rowItemName  = 2
  var colEndData = sheetData.getDataRange().getLastColumn()
  var rowEndData = sheetData.getDataRange().getLastRow()
  
  for (var i = colStartData; i <= colEndData; i += 1) {
    // 前後データを取得する
    var itemName = sheetData.getRange( rowItemName , i ).getValue().replace(/\r?\n/g,"") // 改行を除去する。
    var prePrice = Number(sheetData.getRange( rowEndData-1, i ).getValue());
    var nowPrice = Number(sheetData.getRange( rowEndData  , i ).getValue());
    var dtPrice  = prePrice - nowPrice
    
    if( dtPrice > 0 ) {
      // 価格が安くなったらメールを送る。
      var title = itemName + "が、"+String(dtPrice)+"円、安くなっています。"
      var body  = "ご主人さま\n\nAmazonの価格を調べたら\n"+title+"\n\nどうされますか?\n\n前回の価格 "+String(prePrice)+"円\n今回の価格 "+String(nowPrice)+"円"
      MailApp.sendEmail('メールアドレス', title, body);
    }
  }
}

//function myFunction () {
//  Browser.msgBox("確認", "Hello GAS World.", Browser.Buttons.OK);
//}


2018年8月13日月曜日

Google Apps Script で Hello World をやってみる。

Google Apps Script で Hello World をやってみました。

まず、Chrome拡張機能に Google Apps Script を入れる。

エディターを立ち上げてコード入力する。

function myFunction() {
  Logger.log("Hello World!!");
//  Browser.msgBox(Logger.getLog());
}

Google Apps Script には下記2種類がありますが、私自身やり始めたばかり
●Standalone Script (ドライブ上に単独で存在するもの)
●Container Bound Script (スプレッドシートに紐づくもの)
なので Standalone Script で実行していたようで、Browser.msgBox はエラーが出て動きませんでした。実行結果は、Ctrl+Enter で確認して完了。

さて、ここからが始まりの始まりなんですよね!


2018/8/16
定期的にスクレイピングを実行できるようなので、Amazonの価格変動をメールで連絡してもらうスクリプトが作ってみたい。

2018年8月12日日曜日

【メモ】Amazon Connect

メモになります。
Amazon Connect と言うものが始まっているようです。
黒船に乗ってコールセンターがやってきました。
AIを使った自動音声応答が可能になるかもしれません。
https://aws.amazon.com/jp/connect/

BOSE QuietComfort 35を買ってしまった。

今年1月から始めた禁煙の効果が出てき始めました。
なんと6月末に BOSEのQuietComfort 35 を買ってしまいました。
買ってすぐに、家で使ってみたり、散歩で使ってみたり、と色々使ってみましたがフーンって感じでしたが、先日の出張でその凄さを体感。

新幹線にて、ノイズキャンセルで静かになるのは当たり前、人の声やアナウンスが微かに聞こえるので気になったときは耳元のスイッチで音楽を停止できる、音楽をスキップできる、当然ながらスマホに到着時刻のアラームを設定すれば耳元で教えてくれる、などなど手放せないグッズになりました。

あると便利なものなの購入は計画的に。


2018年8月4日土曜日

Chromebookを買ってしまった。

先日のamazon prime day でchromebookを買ってしまった。

ASUS Chromebook Flip C302

使い始めて約2週間が経ちます。
一番良い点は、ファンレスなので非常に静かなところでしょうか。

電源がすぐ入るので使いたいときにすぐ使える。
キーボードは高級感があり使いやすい。
Google Chromeをメインに使用するのですが、非常に快適。
Google 日本語入力が使えるので、音声入力を使用すると便利。

全般的に快適です。




2018/8/12
しばらく使ってみて分かったことは、起動時間が短い、シャットダウンに時間がかからない、電池の持ちが良い、で使用頻度がぐっとあがってきています。
ノートPCを立ち上げ時間の待ち時間で終わる程度の作業だが、スマホではやり難くてイライラする、場合に活躍、この使い方がわかってきたのでメイン機の交代時期かなぁ、と感じてます。
Chromebookは考えるより使ってみればいい、さらに欲をいえば画面の解像度は高いと作業性があがるんですね。

2018/9/22
快適に使用しています。起動時間が短いのは正義、無駄な時間は削除です。

2018/11/21
Chromebookを使っていると、スマホを触る時間が短くなって、時間に余裕ができた気がするとは思っている。

Amazonのサイバーマンデーで、買い物を。。。

と一瞬考えてみましたが、現在 特に欲しいものがないので、 見合わせることにしました。